ライティングシステム(Godox)

今回機材を入れ替えた際、ライティングシステムも変えました。
いままで10年使ってきたSB600はいい加減限界そうなので、新たにGodoxというチャイナメーカーのストロボにしました。
こちらのGodox、メーカーのTTL調光が可能なばかりか、X1というフラッシュトリガー(無線送受信機)を使うと、ワイヤレスで多灯ライティングが簡単に可能です。
プロの方も最近使っているようでちょっと安心。
TTL調光可能のクリップオンストロボがAmazonで12000円ほどで購入できます。フラッシュトリガー入れても20000円くらい。激安ですね。

c0382541_22304636.jpg
こんな感じで、Godoxはキヤノンのストロボに操作性が似ているようです
c0382541_22305187.jpg
c0382541_22305527.jpg
c0382541_22305926.jpg
c0382541_22310249.jpg
赤外線と無線でのマスタスレーブのワイヤレスライティングに対応していてスレーブ時はバックライトが赤くなりますのでわかりやすいです。

c0382541_22331487.jpg
GodoxでTTL調光撮影+-0 
c0382541_22331920.jpg
GodoxでTTL調光撮影+0.3
c0382541_22332257.jpg
GodoxでTTL調光撮影-0.3
かなり正確だと思います。


オリンパスもGodoxで最近対応したようですが、TTL調光するほど使いこまないと考えて、マニュアルのストロボを1つ追加しておきました。こちらはNEWWERというメーカーのストロボでAmazonで3000円くらい。こちらも激安。

一応スレーブ発光も対応しているのでGodox+NEWWERでの多灯ライティングも可能です。
(一応シンクロ発光するところまでは確認済み)

作品はまだ撮れていないので改めて撮ってきたいと思います(^0^;)

[PR]
by noripassion | 2017-09-09 18:30 | カメラ機材

写真再起動2017。"Passion"が感じられるような写真を撮るべく日々奮闘中です


by noripassion